お通夜やお葬式に御香典を持って行く時、香典鞄は薄黒で書きます。

水引の上には、中央に作用を、
下には、中央に自分の冠を書きます。
冠はフルネームだ。

香典バッグの裏手に冠や売り値を書く欄がある売り物もあります。
また香典バッグの中袋に金銭を入れますが、そこにも所在地や冠を書く欄、そして売り値を書く欄があります。

香典を何人かで連名で包み込む場合は、
水引の下に、目上の人からより右側から書いていきます。
そうして中袋には、総出の所在地や名を書きます。

事務所のそれぞれであったり、近く関係であったり、何より相性がないのであれば、
如何なる進め方もかまいません。

4名以上にもなると、
表書きには、社長者だけの冠を書きます。
この時もフルネームで書きましょう。
そうして外部みなさんといった冠の左手に低く添えます。

なんらかの法人です場合は、法人名を書きます。

そうして中袋、あるいは別の用紙に、総出の冠を書きます。
もしも金額が違えば、それぞれの金額も書きます。http://www.xn--2017-zk9g403cor4c.com